伊勢神宮・外宮(豊受大神宮)へ行ってきました

三重

神様に呼んでいただけたかは分かりませんが、
人生で初めて、伊勢神宮へ行ってきました〜
ずーっと行きたかった場所なので、
やっとの思いで訪れました。

お伊勢参りは「外宮」からという慣わしに従い、
まずは豊受大神宮(外宮)から。

スポンサーリンク

伊勢神宮とは

PB277828 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
伊勢神宮は、日本人の心のふるさとと言われているらしい。
外宮内正宮へ向かう途中のこの雰囲気。
なんだか飲み込まれそうな光景。

外宮域内と外宮巡りに必要な所要時間

PB277827 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
案内図を見ると、一見広そうに感じたけど、
実際は1時間もあれば、十分に回れる。
せんぐう館へ立ち寄る場合は、
その時間を追加して、所要時間を確保するのがおすすめ。

外宮を巡る

外宮内にある看板を目安に見どころを巡ってみたら、
おおよそ外宮のモデルコースと同じような順序を辿っていた。

火除橋(ひよけばし)

PB277825 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
この火除橋を渡ると、神域に入る。

正宮 豊受⼤神宮

PB277829 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
⼿⽔舎で清めた後、
まず始めに向かうのが、
天照⼤御神(あまてらすおおみかみ)のお⾷事を司る神
「豊受⼤御神(とようけのおおかみ)」をお祀りする正宮。

衣食住をはじめ、あらゆる産業の守り神。

PB277830 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
人生いろんなことがあるとは思うけど、
好きなお洋服を着て、
食べたいものをたくさん食べて、
住みたい場所に住めている、
そんな当たり前だと思っていることに感謝です。

そう、伊勢神宮では願ってはいけないらしい。
神様へ感謝の気持ちをこめて、御礼をする。

別宮 多賀宮(たかのみや)

PB277832 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
ご祭神は、豊受大御神の荒御魂。
積極性と行動力を身につけたい!

山の頂きにあるので、
古くから高宮(たかのみや)と呼ばれているらしい。

PB277833 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
だから、それなりに階段を登る。

ちなみに、この手すりには寄っ掛かってはいけません。
この手すりを使ってポージングしながら撮影していたのは
ここだけの話です(笑)

別宮 土宮

PB277834 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
地主の神である大土乃御祖神(おおつちのみおやのかみ)をお祀る。

別宮 風宮

PB277836 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
風の神をお祀りする別宮。
農業に深い関係のある風と雨の順調をお祈りするらしい。

三ツ石?

PB277837 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
この何気に撮った写真は、「三ツ石」なのかな?
記憶に残せないから、記録に残そうとシャッター押しがちだけど、
後から写真をみて、
何か分からないことが多々ある。
それもまー、良い思い出。

勾玉池(まがたまいけ)

PB277841 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
美しい!

せんぐう館

PB277844 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
式年遷宮の資料館。

資料館は有料で料金は300円。
今思えばちらっと中を覗いてみてもよかったかな。

PB277843 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
時間があるなら、正宮を訪れる前に
せんぐう館で伊勢神宮に関する知識を深めていくと
より感謝の気持ちも高められるかもしれない。

「外宮(豊受大神宮)」の場所・営業時間

営業時間

なんと朝5時からオープンしている。
夕方17時まで。

早朝に訪れると、また雰囲気が随分と違いそう。

場所

伊勢市駅からまっすぐ外宮参道を歩くこと徒歩5分の場所にある。
外宮参道にはお店が立ち並ぶので、
距離は短く感じる。

お伊勢参りは外宮から

PB277839 伊勢神宮 外宮 豊受大神宮
多くの方が内宮のみ訪れるせいか、
外宮は混んでいないので、
スムーズに巡ることができる。

衣食住に困ることなく生活できている人生への
感謝の気持ちを伝えるために
お参りできて本当によかった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました