シンガポール・セントーサ島で初ジップラインを体験!行き方やお値段、乗ってみた感想など

シンガポール

セントーサ島でやりたかったことのひとつ
ジップラインを体験すること。

ひとり旅だし、
お金のことは気にせずにやりたいことをとことんやろうと思った!
旅行の醍醐味だと思うけど、
やりたいと思ったことはやった方がいい。
特に海外は次いつ行くかわからないし、
次行った時に体験できるかもわからない。

ジップラインは体験できて本当によかった!

スポンサーリンク

ジップラインへの行き方

ジップラインを体験するために、
まずはジップラインの受付をする必要があるが、
これが意外と大変だった!

ジップラインの受付への行き方は
①山頂スタート地点と②ビーチのゴール地点の2つある。

①山頂スタート地点への行き方

まず、モノレール「セントーサエクスプレス」インビア駅で下車後、
インビアルック方面へ向かう。
P9165046 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと

エスカレーターを上る
P9165047 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと

より詳細な看板が見えてくるので、
メガジップ アドベンチャーパークを目指す。
P9165049 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと

不安になるほど看板が指し示すまま、道なりに進む。
P9165050 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと

この看板が見えたあたりから気づき始めるんだけど・・・
P9165051 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと

歩くにしては、まぁまぁの距離。。。
楽していくなら、「タクシー」という選択が正しい。
少し優雅に「ケーブルカー」という選択肢もある。

でも、歩き始めた道を引き返すわけには行かないので、
ひたすら緩やかな山を登る。
徒歩 イズ プライスレス。

P9165053 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと
インビア駅から徒歩で約15分ほどが目安。

②ビーチのゴール地点への行き方

モノレールの場合、「セントーサエクスプレス」ビーチ駅で下車。
そこからシロソビーチをテクテク約10分ほど歩けばチケット売場にたどり着く。

ケーブルカーの場合、「セントーサライン」シロソビーチ駅で下車。
そこから歩けば、3分程度で着く(らしい)。

ゴール地点で受付をした場合、
スタート地点へ移動しなければならないため、
移動のバギー?カート?を待つ必要がある。
バギー代は無料だと思うが・・・
詳しいことは不明。

つまり、一番安くてすぐに体験できる行き方は
山頂スタート地点へインビア駅から徒歩で向かう!

スポンサーリンク

山頂スタート地点での受付

P9165055 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと
すっかり大人になってから、
身長制限なんて気にすることなかったけど、
こちらの乗り物、体重制限がございます。

ごまかしは効きません!
その場で体重を測りますので、
デートで行かれる方は覚悟してください。
体重計、見られないように乗るもん!と決意した方、
諦めてください。
腕に巻かれるテープにバッチリ体重を記載されます。

ちなみに、体重制限は最低体重30kg/最高体重140kg
身長制限は90cm以上。
90cm未満の方はご参加いただけません。
でも、身長90cm以上あるけど、体重が30kg未満の方は保護者の同伴で乗れるらしい。

メガジップに乗る際の5つのルール

P9165057 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと

①携帯は必ず携帯ポーチの中に入れてください

メガジップを体験している際に、
携帯で写真や動画を撮りたい場合は、
事前に首からぶら下げられるクリアケースを持参することをお勧めする。

万が一忘れた場合、
受付で販売されているので買うことも可能。

ちなみに私はミラーレスカメラを首からかけるスタイルでOKだった。

②ポケットには何も入れないでください

おっしゃる通りだと思いますので、言うことに従ってください。

③貴重品を携帯される場合は、ミニバックを借りるかカウンターでご購入ください

これが最初、本当に意味が分からなく、
私の場合は、何の説明もなくこの使い古されたリュックを渡され、
SG$10を要求された。
P9165056 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと
いや、もしかしたら説明はあったのかもしれないけど、
英語での説明だったので理解できなかった。
現金を持ち合わせていなかったので、
そのことを伝えると、
クレジットカードでSG$10お支払いした。

リュックサックを背中に
もし行かれる方は
簡易バッグを持参するのがお勧め!なんてこのブログに書こうと思っていたけど、
借りたリュックはゴール地点で返却し、
SG$10も戻ってきた!
戻ってくるならなけなしのキャッシュを預けたのに〜と思いながらも、
現金不足だったので、得した気分でもあった(笑)

④大きな荷物はビーチカウンターでお預かりします

そう!
山頂まで徒歩で登った後、
貴重品以外の荷物を預けることになり、
え?また荷物を取りにこの山頂まで登らないといけないの???
と、一瞬冷や汗をかきそうになったけど、
預けた荷物はゴール地点で預かってもらえる。

そうだよね!!!

だから、安心して、山頂スタート地点で受付しよう。

⑤自撮り棒の使用はご遠慮ください

残念ながら自撮り棒は使えないので、
写真を撮る際は、自分の腕の長さを最大限に活用しましょう。

スポンサーリンク

メガジップを体験する前に行うこと

お支払いや荷物を預けたりするのはもちろんだが、
そのほかにもいくつか準備することがある。

タブレットに必要情報を入力

P9165058 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと
日本語表記もバッチリあるので、
安心して、入力することができる。
性別や年齢、メールアドレスや、
おそらく、危険だけどよろしくね〜⇨同意する、みたいな流れ。

良い子はちゃんと読みましょう。

体重計に乗る

前述したとおり、自己申告制ではございません。
しっかり体重計に乗って測ります。

紐を巻きつけられる

この様、本当に滑稽だったと思うが、
これがひとり旅ならではの悔しさ。。。
その滑稽な様子を写真に収めることができない・・・

あ、ちなみにこのタイミングで伝えることではないかもしれないが、
女性の方、スカートでは行かない方がいいです。
必ずパンツスタイルで挑みましょう。

最後の山場、この階段を4階まで上る

P9165073 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと
山登りから階段上りまで、
ジップラインを体験する前に
なかなか体力消耗する。

スポンサーリンク

いざ、ジップライン体験!

P9165075 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと
これは、文章より動画の方が伝わると思うので、
よかったらYouTubeを見てください。

細い紐だけで体を吊るされて、
こんなんに全体重をかけて大丈夫なの?と不安でドキドキだったけど、
いざスタートしてみたら、
思ったほどスピードはなく、
とにかく心地よい、あっという間のアトラクションだった。

スポンサーリンク

ゴール後、ビーチカウンターへ

あっという間のゴールで、
ビーチカウンターへ促される。
P9165082 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと

・・・ビーチカウンターまで意外と距離ある。
P9165084 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと

ビーチカウンター

P9165087 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと
ビーチカウンターで受付することもできるので、
スタートとフィニッシュの二手に分かれている。

右奥に山頂へ行くカート待ちの列が少しだけできている。
そんなに人は多くないが、
カートが来るのを待っている様子。

P9165086 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと
赤い袋に私が山頂で預けた荷物が入っている。
無事ビーチに届いてひと安心。

写真を購入できる

P9165090 MegaZip メガジップ ジップライン シンガポール セントーサ島 Singapore ひめごと
写真に写る奥のモニター、見えますか?
なんと自分がジップラインを体験している最中に、
山頂からカメラマンが写真を撮ってくれていた。

写真を撮ってくれるのなら、説明して欲しかった!
(説明してもらっているが、英語が理解できていないパターンその2の可能性もあり)

私は、景色を見たり動画を撮ることが精一杯で、
山頂のスタート地点へ体を向けることはなかったので、
撮られている写真はほぼ後ろ姿。
とはいえ、自分では絶対撮影できない角度の写真なので、
記念に4枚、データで購入。

そう、お金のことは気にしない。

スポンサーリンク

実際にジップラインを体験するのにかかった費用

メガジップ代

直接カウンターで購入した場合の正規のお値段は、
1回SG$55(≒ 4,400円:2019年9月時点)

ジップラインを体験するなら、
お得なサイトから事前購入がおすすめ。

■Voyagin

私が大好きなVoyaginで購入した場合、
メガジップだけでなく、
メガジャンプ・メガクライム、
3つのアクティビティがセットになった価格で販売されている。

全てのアクティビティを体験したい人は
カウンターで直接購入するより、Voyaginで購入する方がお得!

>>「Voyagin」でメガジップのチケットを購入する

■KLOOK

KLOOKは英語表記だったのが難点だったけど、
知らぬ間に日本語対応してくれている!
これは嬉しい。

スクリーンショット 2019-11-13 21.52.15
こちらもメガジップ・メガジャンプ・メガクライムの3つセットだが、安い!

ただ、KLOOKの決済はUSドルの為、
表記されている価格はあくまで目安で決済額は異なる。

>>「KLOOK」でメガジップのチケットを購入する

レンタルリュックサック代

SG$10(≒ 799円:2019年9月時点)

これはレンタルなので、
リュックサックの返却と払った時のレシートを見せれば返金してもらえる。
レシートがなければ返金してもらえなそうだったので、
必ずレシートを受け取ることと、
なくさず持っておく必要がある。

写真代

20枚弱撮影されている中から、
自分が気にいった4枚をセレクトし、
データで提供してもらうのにかかった費用が、
SG$25(≒ 2,000円:2019年9月時点)

データの受け渡しは、
自分のスマホにPictureAirというアプリをインストールさせられ、
そこからデータを連携し、入手した。
ほぼ係りの人が対応してくれるので、
なされるままだったが、
スマホの容量に余力がない人は、
その場でアプリを入れられない可能性もあったりするので、
注意が必要。

スポンサーリンク

ジップラインを体験する前に知っておくべきこと

1回体験してわかることが多かったので、
この記事をせっかくみてくださったのなら、
より楽しめるよう準備してほしいことをお伝えします!

・撮影機材は体に身につけられるようにすること

自撮り棒はNGなので、
携帯で撮影するなら、ケースを事前に準備しておこう。
現地でSG$10で購入することも可能。

GoProや一眼レフなどで撮影する場合も、
首から下げれるようにしておけば問題なし!

・手を離して乗るのが楽しい

わたしは動画の撮影に必死で、
極力手ブレしないようにとロープをしっかり握ってたけど、
手を離しても全く問題ないので、
勇気がある人は手を離した方が楽しめる。

・走行中?、出発地点を振り返る

ジップラインで下る最中、
出発地点で写真を撮影してくれているので、
できれば振り向いた方が良い!
振り向かなくともいろんな体勢で下った方が
写真に変化がある。

わたしはほぼ同じ体勢だった。。。

有料だけど、写真は記念になるのでおすすめ。

・服装・靴には要注意

ミュールやビーサンなどは脱ぐ必要がある。
サンダルの場合、しっかり足に固定されるものであればOK。

また、スカートは無理だと思う・・・
空を飛ぶのに万全な格好で挑もう。

スポンサーリンク

是非ジップラインを体験しよう

1分弱のアクティビティに4千円なんて高いな〜と思ったけど、
これはやってみてよかった!

私が行ったときは、待ち時間ゼロで、
2回乗るコースを選べばよかったな〜と思ったほど。
またシンガポールへ行く機会があれば、
是非体験しに行きたい!

>>「Voyagin」でメガジップのチケットを購入する

>>「KLOOK」でメガジップのチケットを購入する

スクリーンショット 2019-11-13 21.52.15

コメント

タイトルとURLをコピーしました