好きな曲を○○に使ってはいけない件

   

とにかく朝が苦手・・・
できることなら起きたくない。

そもそも夜更かししてるから起きれないんじゃない?って言われるけど、
まーもちろんそれはあるけど、そもそも起きるという行為が苦痛。
起きてしまえばなんてことはないんだけど、
起きるまでが・・・

なんてダメウーマンな発言をしていた時に聞いた興味深い話。

朝が苦手なあなたへ

目覚まし時計よりおすすめなすっきり目覚められるアイテムとして薦められたのが、

起床時間に合わせて、カーテンが自動で開く装置。
太陽光で睡眠ホルモン=メラトニンの分泌をおさえ、スッキリ目覚められるらしい!

もうさ、家電を自動で動かす時代だよね。。。

まだまだそんな時代についていけてない私は、
携帯を目覚まし時計代わりに使ってる。
目覚ましの音は、基本好きな曲をセット。
よくある目覚まし時計特有の電子音は得意じゃないし、聞きたくないので、
朝、好きな曲が流れることで少しでも気分よく起きれたらと思ってる。

ところが!!!
これが危険らしい!!!

友人の話によると、
目覚ましの電子音が不快で人は起きるのではなく、
そもそも起きるという行為が不快なのだと。
つまり、起きる行為の不快な気持ちは
その時に鳴る音に対しても同様の感情を抱きはじめ、
たとえそれが大好きな曲でも、
聴きすぎると嫌悪感が募ってだんだん嫌いになってくるらしい!

つまり、好きな曲を目覚ましの音にしないほうがいいらしい!

どうしても、朝聞きたいのであれば、
はじめの音は何でもない音をセットし、
2回目になる音を好きな曲にするのがいいらしい。

最近、リンキン・パークの訃報を聞いて、
久しぶりに昔ずっと聞いてたこの曲を目覚ましの音に変えようかなって思ってたところだった。

この曲、大好きだったし、今も好き!
だから絶対目覚ましのファースト音にはしないようにすると決めた深夜。

■あわせて読みたい■

■あわせて読みたい■



 - 音楽, グッズ